kazuo26のブログ

日々発生する事項に、
これは知って欲しい、見て欲しい、
そんなありきたりだけど、
なぜか、訪れたくなる、不思議ブログをよろしく。

投稿4

金(AU)は、純度100%を純金(K24)といい、
酸化しない、やわらかく、粘りのある金属です。
1グラムの金は3000メートルの線にできると言われています。


宝飾品には、やわらかく形が使用中に変形するので不適です。

銀と銅をまぜて,18金(18K)で製品にするのがほとんどです。

18Kとは、金の含有量が24ぶんの18 (18/24) すなわち75%あれば全て18Kです。

銀と銅をまぜた18Kは皆さんがお店などで見るそのものです。
すなわちイエロゴールドです。

銀と銅の合計は24ぶんの6 (6/24)すなわち25%です。
銀と銅の割合によって色合いがかわります。

銀と銅の割合は普通半々(3/24と3/24)で製品を作りますが、
色合いの違いをデザインとして製品にする事もよくあります。


銅より銀を多くして18金を作ると色合いが白くなります。
(白割といいます)


銀より銅を多くして18金を作ると色合いが赤くなります。
(赤割といいます)


18ホワイトゴールド(18WG)の白色の3つの色をデザインした
トリニティリングは有名です。 *18WGは投稿3参照

次回(投稿5)は続いて金、プラチナのお話をします。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。