kazuo26のブログ

日々発生する事項に、
これは知って欲しい、見て欲しい、
そんなありきたりだけど、
なぜか、訪れたくなる、不思議ブログをよろしく。

投稿7


戦略物資といえば、兵器、石油、食料等、多種、多様
言い切れない位いっぱいありますが、
一番に思いつくのが、兵器だと思います。


兵器は戦艦、空母、戦闘機、戦車、ミサイル、大砲、機関銃、鉄砲など、
これも言い切れない位いっぱいあります。


近代戦争では、制空権を制したほうが、ほとんど勝利します。
すなわち、相手国の戦闘機、ミサイルを使用でないよう、
先制攻撃したほうが有利になります。


いやな話ですが、核弾頭(核施設)、ミサイル発射(施設)、空母、戦略潜水艦、飛行場等を同時に破壊すれば、ほぼ勝利です。


現実には不可能だと思いますが、空爆やミサイル攻撃になるでしょう。



今からの話は現実かどうかわかりません、あくまで詳しい人から聞いた話です。


ミサイルの弾頭のケースの材質の話です。


短距離ミサイルなら問題外かもしれませんが、
大陸弾頭ミサイルは宇宙に打ち上げるロケットと本質、同じなのです。


ミサイルを超音速の飛行機のようにチンタラ飛ばしたら、迎撃されます。


大気圏を突破できるスピードで、地上圏で飛ばしたら、空気との摩擦で燃え尽きます。


だから大気圏外(宇宙)を飛行し、再突入して爆破攻撃します。


圏外と再突入には空気摩擦により、
超高温になり鉄みたいな金属なら、即、燃え尽きます。


特に弾頭部分が一番高温になります。


弾頭外側のケース部分には高温に耐えられる様、プラチナ(合金)が使われていると、
聞きました。


プラチナ、チタンとか色んな金属の合金らしいですが、超軍事機密事項なので、
ネット検索等では、調べることは無理だと聞いていますし、無理でした。


プラチナがどの程度使われているのかわかりませんが、
もし核弾頭なら核の価格にも匹敵すると聞いていますが、
私はそんなことはないと、思っていますが、ともかくわかりません。
核弾頭の価格もわかりません。(製造価格自体は思うほど高くないらしいとか?)



宝飾としてのプラチナはきれいで、美しいものですが、
ミサイル弾頭としての、

プラチナはなんともいやな物でいやな話ですね。




次回、投稿8は彫金の話に戻ります。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。