kazuo26のブログ

日々発生する事項に、
これは知って欲しい、見て欲しい、
そんなありきたりだけど、
なぜか、訪れたくなる、不思議ブログをよろしく。

投稿2


彫金40年で経験した、出来事等をつづりたいとおもいますが、
その前に彫金とはなんぞやと、いゆと、金、プラチナ等の貴金属を加工して
小間物(指輪・ペンダント・ブレスレット・かんざし・帯留等)を作ることです。


宝飾とアクセサリにわかれ、ほとんどは、宝飾品を作るものを彫金職人といいます。
              *正しい定義は検索して調べて下さい。


宝飾品は金、プラチナの加工製品、
アクセサリは銀、色んな金属等にメッキ加工した物をいいます。


金、プラチナは地球上の自然の状態においては酸化しませんので、永久にそのままの状態で残ります。  エジプト ツタンカーメンの黄金仮面等がその例です。


次回(投稿3)は金、プラチナのお話をします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。